とあるリーマン建築家の書評ブログ

建築、デザイン、アート、ビジネスなどを中心に興味の赴くままに読んだ本を不定期でご紹介します。

「株式投資の未来」ジェレミー・シーゲル

名著と呼ばれる本はやっぱりすごい

長期投資家界隈で、名著と呼び声の高い本書。実際に読んでみて、確かに名著でした。名著というのは誰かが一生懸命研究したことの受け売りではなく、手間暇かけて研究して、考えに考えたその本人が絞り出すように書いた本であることが多いように思いますが、これはまさにそんな本です。

ウォール街のランダムウォーカー」「敗者のゲーム」以来の目からうろこ感

ここ数年、インデックス投資に興味をもって色んな本を読んでみましたが、やはり古典的名著と呼ばれる本は説得力が違います。バートン・マルキールの「ウォール街のランダムウォーカー」とチャールズ・エリス「敗者のゲーム」がその2冊でした。自分の中でのインデックス投資観は元をたどればこの二冊に集約されるような感じでした。ひたすらインデックスファンドによる国際分散投資を継続的に行う、いわゆる「ほったらかし投資」が知る限りの最もベターな方法であると考えていました。

バフェットが老舗企業を買う理由がわからなかった

ところが、長期投資の世界ではウォーレンバフェットをはじめとする人たちが、今を時めくアマゾンやフェイスブックやテスラではなく、コカ・コーラやP&G等の老舗企業に投資をしているといいます。この理由がよくわかりませんでした。どう考えたってこれから伸びるのは老舗企業ではなく、新しいテクノロジーを用いて世界を変えていく新興企業なのではないかと。だったら投資すべきは新興企業だし、すでに成熟した先進国ではなく新興国なのではないかと。この疑問が解けずにずっともやもやしていましたが、この本を読んでその理由がわかりました。

成長の罠

私のこの考えはまさに本書で「成長の罠」と解説されていました。よくある落とし穴だったようです。みんな、フェイスブックやアマゾンに、そして新興国に将来性を感じます。そうするとそこの期待値が過剰に上がりすぎます。過剰に上がりすぎた株価が結局リターンを圧縮してしまう。要するににみんなが注目するハイテク株は割高なのです。だからバフェットは長らくIT企業を買いませんでした。

配当再投資

もう一つ目から鱗だったのは「長期投資においてリターンの源泉となるのはキャピタルゲインではなく配当であり、配当の再投資によるリターンだ」ということでした。はっきり言ってこれまでキャピタルゲイン主体でというか、配当のことなど殆ど意識すらしたことがありませんでした。しかし、配当の利回りの高さとその継続性を考えると、注目すべきはハイテク分野ではなくエネルギーセクターや生活必需品セクターあるいは製薬などのヘルスケア分野だといいます。本書ではそれらを膨大なデータとその分析をベースに語っていくのですごく説得力があります。

シーゲルのポートフォリオ

シーゲルの推奨するポートフォリオは50%をワールドインデックスファンドに、残り50%をリターン補完戦略として配当利回りの高い老舗企業、しかもエネルギーセクターや生活必需品セクターあるいは製薬などのヘルスケア分野への長期投資に充てるというものです。これはマルキールの理論をさらに一歩前進させた理論のように見えます。もちろん単純なインデックス投資よりもまとまった資金が必要だし、銘柄選定の知識も必要そうですが、かなり参考になりそうです。

ヘタな投資本を10冊読むくらいならこれを10回読んだほうがいいかもしれません。

評価:★★★★★(5段階評価)

 

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

 

 

 

 

「働き方 完全無双」ひろゆき

2ちゃんねるでおなじみの「ひろゆき」氏の新作です。まず、日本が経済的にどんどん苦しい状態になっていき、稼げる人と稼げない人の二極化が進むということを前提とし、そんな中どうサバイバルしていくかということを考えた本です。

「新しいこと」にはとにかく首をつっこんどけ

youtubeでもインスタでも最初にやり始めて、続けた人は「そこにたまたまいる」というだけで突然ゲタを履ける時期がある、といいます。だから「無料ツール」はどんどんやらなきゃ損だし、ワンチャンを掴む可能性が高まります。また、会社を持っておくことのメリットも語っています。自分の会社で「著述業」をやっているということにすれば、旅行だろうが何だろうが全部経費で落とすことができるので、節税にも有効です。この、個人が会社を作ってしまうことのメリットは橘玲さんも早くから指摘していました。今後、副業が一般化していくと、かなりリアリティの増してくる考え方のような気がします。

てっとり早く能力以外の部分で「レア」になれ

また、著者はまず、1000万円貯めて「イヤだったらいつでも辞めてやる」というマインドが手に入るといいます。また、「体力のある人」「動物的に強い人」は仕事でも有利に働くことが多いといいます。それはパフォーマンスの向上だったり、交渉時の相手に与える印象の変化であったり。そして声でも見た目でも人に覚えてもらえる記号が大事だといいます。そういえばこの間読んだ成毛眞さんの本でも、成毛さんは人に覚えてもらえるようにちょっと変わった眼鏡とアロハをトレードマークにしていると言っていました。建築家でもコルビュジエの眼鏡&蝶ネクタイ、手塚夫妻の赤と青のシャツ等々、トレードマークを自分の見た目にも設けている人がいますね。

サラ金の数が減った理由

これはこの本を読んで初めて知ったのですが、サラ金の数が減ったのはサラ金を訴えてお金を取る「弁護士」が増えたから、なのだそうです。ア〇ィーレ法律事務所とかそういうやつですね。数が増えて食えない弁護士が増える中でみつけた飯のタネ。ひろゆき氏は今後、彼らのターゲットがブラック企業に向かえば、ブラック企業の撲滅につながるのではと言っています。「ブラック企業を訴えて、残業代を100万円、とり戻ました!」というようなCMをどんどん流せばいい、と。ただし、そうやってブラック企業がだんだん減っていくと最終的にはしわ寄せはフリーランスの個人に行って、そこがブラック化するだろうと言っています。だから個人はそこから身を守るすべを身に着ける必要があります。独立した建築家もそうなんでしょうね。

若者よ、「ベーシックインカム」を前提に生きよ

ひろゆき氏は月7万円くらいのベーシックインカムは実現するといいます。高齢者がガンの治療に2000万の薬代を国からもらえる日本。でも、その2000万を若いうちにもらえれば人生そのものが豊かになるのではという考え方です。これ、逆に言うとベーシックインカムをうまく使えない人(例えばすぐギャンブルで使ってしまうとか)は、歳とってから相当苦労するだろうな、という自己責任の側面の強い制度のような気がします。職業選択の流動性が高まるというメリットは確かにありそうです。

結局オイシイ業界は「観光」だけになりそうです。

キューバは半ば鎖国のような状態が続いていたがためにレトロな街並みや車が観光の目玉となって、いまや観光で稼ぐ国になっています。(私も早く行ってみたい国の一つです)。ひろゆき氏は日本もそこを目指せばいいといいます。それでだらだら稼いでりゃいいじゃないかと。個人的には「みんなでダラダラ」を目指す方向性に日本がかじを切るのはあまり現実的ではない気がしますが、観光が稼ぎ頭になっていくというのは、デービッド・アトキンソンさんの一連の著作を読んでも説得力のあるシナリオのような気がします。

なかなか面白い本ですよ。

評価:★★★★(5段階評価)

 

働き方 完全無双

働き方 完全無双

 

 

 

 

「これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講」菅村雅信

代官山蔦屋書店で行われた11回の対談をベースにまとめられた本です。計11名。各分野の第一線で活躍する方々です。

1.東浩紀 作家・思想家

2.池上高志 人工生命研究者

3.石川善樹 予防医学研究社

4.伊東豊雄 建築家

5.水野和夫 経済学者

6.佐々木紀彦 NewsPicks編集長

7.原研哉 デザイナー

8.深澤直人 プロダクトデザイナー

9.平野啓一郎 小説家

10.松井みどり 美術評論家

11.山極寿一 京都大学総長

それぞれ分野・アプローチは違うものの、文化、技術、思想、社会の相互関係の中に自分のプロフェッションをきちんと位置付けながら道を掘り進んでいるという点では共通するような気がしました。世の中はいつの時代もそれらがセットになって動いています。読んでいて大学一年生の頃に一般教養の授業を受けていたころのような心境になりました。人によってはこの本を読んでより興味を持った分野を掘り下げていく、そのきっかけにもなるかもしれません。

 

評価:★★★(5段階評価)

 

これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講

これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講

 

 

「建築家のためのウェブ発信講義」アーキテクチャーフォト・後藤連平

建築の情報サイト、アーキテクチャーフォトの編集者後藤廉平さんの本です。アーキテクチャーフォトは日常的によく見ていたのですが、後藤廉平さんという個人がやっているサイトだとは、また、その後藤さんが同世代の京都工芸繊維大学出身だということも知りませんでした。

建築家のウェブ発信

建築家のウェブ発信といえば、自身の設計事務所のHPで、プロフィールや作品の写真を掲載し、字は小さく、モダンなデザインでまとめられた素気ないものが多かったように思います。ところが今は発信のツールがHPだけでなく、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどにも広がっています。また、後藤さん曰く、建築家のウェブ発信は「学問としての建築」だけでなく「ビジネスとしての建築」にも活用できるといいます。

アーキテクチャーフォト

アーキテクチャーフォトは建築の情報をリアルタイムで伝えるニュースサイトとしてなんと現在では27万ビューを誇るといいます。それを個人で築き上げたのだから驚きです。ビジネス的にはアーキテクチャージョブボードは設計事務所の求人サイトとしてうまく回っているようです。たしかにアトリエ事務所の求人情報などはこれまで口コミでしか伝わらず、人脈に負うところが多かったので有用です。

ウエブ活用の3か条

建築家のサイトは通り一遍の構成のものが多いですが、建築家の個性は様々だし、その強みは千差万別なので、それを活かしたウェブ発信が重要です。そして3か条として下記の3点があげられています。

1.継続に勝るものはない

2.「ファンづくり」という視点を持つ

3.信頼される発信を心がける

こうしてみると建築家は自分の全人格的魅力を継続的に発信し続ける技術も設計技術と同じくらい重要な時代になっているのかもしれないなと思います。

とくに感心したのは第3講の

1.情報は受け手に合わせて編集する

2.戦略的に言葉を選ぶ

3.移り変わる社会の変化を意識する

といった項目。インスタのハッシュタグの言葉選び一つとっても誰に向けて届けたい情報なのかによって変わってきます。そこまで考え家ことはありませんでした。また、HPにしても業界向けのサイトと、一般客向けのサイトを使い分けたりする建築家も紹介されています。考えてみれば組織事務所のウェブ発信だってHPを作るだけではなく、広報室がツイッターやインスタをやっても面白いかもしれません。

建築家に設計を指南するのではなく、ウェブ発信を指南する本はおそらくこれが初めてではないでしょうか。その切り口も新鮮ですし、読むとこれは建築家必須のリテラシーであると痛感します。リテラシーのない建築家はリテラシーのある建築家にどんどん仕事を奪われてしまうかもしれません。必読書です。

 

評価:★★★★★(5段階評価)

 

 

建築家のためのウェブ発信講義

建築家のためのウェブ発信講義

 

 

 

「黄金のアウトプット術」成毛眞

おなじみ成毛眞さんの新書です。この本で言っていることはただ一つ「とにかくアウトプットしようぜ」ということです。特に文章を書く、人前で話す、自分の見た目のアウトプットといったことなどを中心に、その効果や心構えを書いています。

建築学生はアウトプットを鍛えられる

建築設計を仕事にしている人は、実は結構このあたりを学生時代に鍛えられます。特に設計課題ではコンセプトを魅力的な文章にまとめ上げる必要があるし、図面やパースなどビジュアルなアウトプットの他、模型という立体も作ります。アウトプットのセンス、能力を徹底的に問われます。そしてそれを人前で話す必要があります。単純に習ったことを覚えるのが得意なだけでは乗り切れません。卒業設計なんかになるとテーマも自由なので、正解がないどころか、問すら自分で立てて、自分で答える必要があります。

アウトプットするようになるとインプットのレベルも上がる

この本の中でも言われていますが、アウトプットをするようになると、ものを作り手目線で見るようになるので、インプットのレベルが俄然上がります。建築の学生も設計課題をやる前と後では雑誌の見方から、実作の見方までまるで変ります。作り手の意図を読み、自分の製作プロセスに組み込んでやろうと思って観るので、そこから学ぶ情報量が増えるのです。これは多分どの分野でもそうで、人前でしゃべるようになれば、TEDもそういう目で見るようになるし、自分でブログを書くようになれば、人気ブログのテクニックに気が付くようになります。

アウトプットを求められる時代

インプットだけが得意な人というのは今後、出来の悪いウィキペディア化してしまいます。なんでもネットで調べればある程度分かってしまう時代に、知識があるというだけではあまり強みになりません。独自のアウトプットがどれだけできるか。逆に独自のアウトプットができる人は、SNSだろうが何だろうが現代では有効なツールがあふれているのでどんどんチャンスを増やすことができます。

でも人気ブログを作るのは難しい

このブログは一年弱続けていますが、そのアクセス数たるや本当にわずかなものです。多くの読者をひきつける書評サイトを書くというのはなかなか難しいものだというのを痛感しました。ただ、それはアウトプットを実際にやってみたから分かったことです。最低でも100記事までは続けようと思っています。そしたら別のブログを始めるかもしれません。いろいろやってみれば自分に合っていて、かつ、人に読んでもらえる切り口が見つかるかもしれません。とりあえず、アプトプットあるのみ。

 

評価:★★★(5段階評価)

 

 

「教養としてのテクノロジー」伊藤穣一

MITメディアラボ所長の伊藤穣一さんの新書です。前作「9プリンシプルズ」は立ち読みしただけですが、文章がかなりとっつきづらい印象でした。それからすると本書は相当に読みやすく書かれている印象です。内容としてはテクノロジーが社会の変化とどうシンクロしていくかということを様々な切り口から解説したものとなっています。

第1章 「AI」は「労働」をどう変えるのか
意外な感じがしますが、Googleフェイスブックに代表されるシリコンバレーの「スケールイズエブリシング」な考え方や、シンギュラリティに対する感情な期待を疑問視しているようです。そしてベーシックインカムに言及される時代に、労働は「自分の生き方の価値を高めるためにどう行うか」が問われる時代になるといいます。この辺りの主張は昨今のIT界隈の人たちの主張とも共通しているように思います。

第2章 「仮想通貨」は「国家」をどう変えるのか
著者は90年代から仮想通貨の構想に関わっていたようですが、ICO(イニシャルコインオファリング)と呼ばれる仮想通貨でスタートップ企業の資金集めの手法に注目しているようです。インチキなICOも出てくる中で利害関係のない唯一の組織であるメディアラボが果たす役割は大きいのだといいます。国家が管理しない通貨を一体誰がどのように管理するのか、今後の動向に注目です。


第3章 「ブロックチェーン」は「資本主義」をどう変えるのか
ブロックチェーンによってどこかの中心が全体を統御するシステムではなく、部分が自立するネットワークによって経済が管理されるようになり、通貨も多様化するといいます。そして従来の概念でお金に変換されなかった価値の評価方法が重要になるといいます。

第4章 「人間」はどう変わるか?
この章では都市にも言及しています。人が歩いて回れるペデストリアンシティの概念、自動運転によるモビリティの変化、インディジネスピープルと呼ばれるその土地に昔から住んでいる民族の知恵を活かした都市の作り方、等興味深いフレーズが出てきます。

第5章 「教育」はどう変わるか?
「アンスクーリング」と呼ばれる学校教育に頼らない教育法について言及しています。単純作業や、正確さだけを求める労働や、知識量を求める仕事などがどんどんAIに置き換えられる時代にあっては、自主性のある人間を育てることが重要になるという教育法のようです。一歩間違うと教育放棄になりかねないなかなか過激な方法な気がしますが、従順な労働ロボット養成教育な側面の強い日本の教育もそれくらい自主性に振った方が良さそうな気がします。

第6章 「日本人」はどう変わるべきか?
一般人の生活に対するこだわりが低い、ロジカルな議論ができない、意思決定のプロセスに時間をかけすぎる、空気が人を動かす、ロボットへの親和性が高い、というような日本を外から眺める著者ならではの日本人分析はなかなか面白いです。やはりそうか、と思わされます。

第7章 「日本」はムーブメントを起こせるのか?
ヒッピーカルチャーなどのように新しい時代のムーブメントはファッションと結びついて楽しいものだったからこそ影響を持ちえたのだといいます。私も大学生の頃、エコロジーについての小論を授業で書かされた時に「エコをファッション化せよ」というタイトルでおんなじようなことを書いた記憶があります。正しいことを正しく伝えるだけでは人は動かない。カッコいい、楽しい、とセットでなかれば人は動かないし、逆に結びついてムーブメントになるとものすごい勢いで若者は動くし、それで時代は変わる気がします。

とまあ、最先端の場を運営する著者がパッパと引き出すトピックを追っていくと、時代の輪郭がぼんやり浮かび上がっていくというような本です。

評価:★★★(五段階評価)

 

 

「集中力はいらない」森博嗣

異能の人

森博嗣さんは小説家ですが、実は森さんの小説を読んだことはありません。読んだことがあるのはエッセイ系の本ばかりです。森さんは実は名古屋大学の建築の先生です。デザインではなく、エンジニアリング系の専門家です。著作を読むと思考方法が独特で、ちょっと異能の人という感じです。

集中力の定義が違う

この本もまさにその路線の本で、タイトルは編集者がつけたものかもしれませんが「集中力はいらない」というちょっと扇情的なものです。ただ、読んでみて思うのは森さんも小説を書いている時や工作をしている時は相当に集中しています。「集中力」という言葉の定義がちょっと違うようなのです。彼のいう集中力というのは「機械のように1つのことを延々とやり続ける力」ということのようなのです。そこを間違うと彼の本来の主張を誤解してしまう気がします。

気が向いたことをやるというテクニック

で、彼は自分はそういう意味での集中力(というか持続力)は無いから、小説に飽きたら工作をしたり、土を掘ったり、気まぐれに色んなことをやるといいます。でも実はそれは、耐えず何かに集中している状態を維持するテクニックです。その時気分が乗っていることをやる。

キャリアが複線化する時代

前回の書評でキャリアの複線化、多動力、農民化みたいなことを書きましたが、どうもリンクしているような気がしてきました。色んなことを気が向いた時にあれこれ手を出す状態は実は多分野に細切れに集中している状態なのだとすると、キャリアが複線化した時代の心の持ちようとして1つの理想かもしれません。

理系の発想

森さんは小説は金を稼ぐためにやっているだけだと言いますが、世の中にはもっと効率よくお金を稼ぐ方法なんていくらでもあるし、きっと好きに違いありません。世の中の通念とか常識を疑わずに受け入れることに我慢ならない人なのだと思います。理系なので、論理的に自分の頭で考える。その過程になるべく通念とか常識とかいう「雑念」を挟まないように心がけてきた結果かもしれません。そんな論理的思考の果てにたどり着いたところが、世の中の通念とか常識とずれていたりすることがあるので異能に見えるけれども、論理的に破綻しているのは常識や通念の方かもしれない。

そんなことを考えさせられる一冊でした。


評価:★★★(5段階評価)

 

集中力はいらない (SB新書)