とあるリーマン建築家の書評ブログ

建築、デザイン、アート、ビジネスなどを中心に興味の赴くままに読んだ本を不定期でご紹介します。

「変な経営論」澤田秀雄

変な経営者

ハウステンボス社長にしてHISの社長兼会長の澤田秀雄さんのインタビューをまとめた新書です。最近ではロボットがサービスを行う「変なホテル」でも知られています。さらに今年の3月から3か月~半年間世界中を一人旅するという。とにかく次から次へと新しいことを形にしていくので見ていて面白いです。変な経営者です。

ハウステンボスの再生

それまで何人もの経営者が後を継いで、再建に失敗したハウステンボスを見事に再生したのは有名な話です。チューリップが咲いていないと客が呼べない季節には日本一のイルミネーションをやる、そもそも花の種類を増やしていつも何かの花が咲いている状態にする、花の仕入れ先を見直す、毎日ちょっとずつ上げていた花火をまとめてあげることで九州一の花火大会にする、などなど、自由な発想で再建を進めていく様子は痛快です。テーマパークは価格破壊が通用しない世界、いかに人を楽しませる仕掛けを、そこでしか体験できないイベントをしかけられるかが勝負なのがよくわかります。

変なホテル

恐竜ロボットが受付をすることで有名な「変なホテル」。その試行錯誤の様子がまた面白いです。なぜあのロボットが恐竜になったのか、実はいろんなロボットを比較したら、博物館などに置かれる恐竜ロボットが最も耐久性が高かったから、というのが理由だったようです。そんな試行錯誤の果ての恐竜だったんですね。
このほかにも輻射冷暖房に調整して結露で部屋が水浸しになったり、料金を客に見めてもらうシステムを導入しようとして失敗したり。それでもとにかくやってみる。完璧でなくてもさっさと初めて早く失敗して次に進む。建築的には最新の木造技術であるCLTにもチャレンジしています。とにかく思いついたらどんどん実行するスピード感と実行力があっぱれです。いずれこれをフランチャイズ化して500店、1000店に増やしたいといいます。そのころにはロボット技術も高度に安価になっているでしょうから、さらにすごいことになっているかもしれません。

総合旅行会社は消えていく

HISを創業した本人が「総合旅行会社は消えていく」といいます。確かに、今旅行をしようと思ったらネットで簡単に予約ができてしまいます。ただ、澤田さんは旅行だけで稼ぐつもりはさらさらないようで、ハウステンボスを実験場にドローンを飛ばしたり、セグウェイを走らせたり、行動でできないことにどんどんチャレンジして、販売マージンをとるビジネスモデルにチャレンジしたり、「変なホテル」のロボットを売ってマージンを取ったり、エネルギーを作ったり、植物工場を作ったり、とにかく時代に合わせて相当柔軟な展開を考えられているようです。

健康・運

最後に本書では健康と運についても言及されています。会社を一度も休んだことがないという澤田さんが言う健康になる五つのポイントはこちら。

1.バランスのいい食事

2.明るい気持ちを持つこと

3.呼吸を整えること

4.十分な睡眠

5.適度な運動

ごくごく基本的な項目です。
そして運についてはビジネスをするうえでリーダーを選ぶときには「運のいい人」を選ぶといいます。(試しに運の悪い人で固めてみたら赤字が出るわトラブル続きで大変だったようです。)なるべく付き合う友人は運のいい人にしようと思いました(笑)

何より仕事を楽しんでいるなぁ、という経営論の本でした。

 

評価:★★★★(五段階評価)

 

変な経営論 澤田秀雄インタビュー (講談社現代新書)

変な経営論 澤田秀雄インタビュー (講談社現代新書)

 

 

 

 

「一生、同じ会社で働きますか?」山崎元

転職について考えさせられることの多い最近
経済評論家、山崎元さんの著書です。山崎さんは資産運用の専門家で、私も資産運用の基本的な考え方は大いに参考にさせてもらっている方の一人です。最近、会社で年齢の近い先輩達が相次いで会社を辞め、独立したり、転職したりということが続きました。また、自分のところにも転職エージェントと呼ばれる人からアプローチがあったりと、自分の今後のキャリアは必ずしも今の会社で設計を続けるだけではないのかもしれないと考えるようになりました。といっても今のところ設計を辞めるつもりも、転職するつもりもないのですが、年齢的にもここらへんで自分の立ち位置を一度俯瞰で見てみるのもよいかもしれない、そんな気分です。

転職12回を経験した著者が考える転職のメリット
さて、山崎さんは金融業界でなんと12回も転職しています。山崎さんは転職のメリットとして「会社との距離感がわかるようになる」「友達が増える」を挙げています。また、転職に当たってはその転職が「時間」「お金」「自由」のどれを目指したものかを意識すべきだといいます。

建築設計の分野に引き付けて考えると、独立すれば時間や自由は手に入りますが、お金を手に入れるのは至難の業です。PM・CMの会社に転職すればお金は手に入ると思いますが、自由や設計する楽しさは失う気がします。

転職35歳限界説!?
転職には35歳限界説があるといいます。35歳を過ぎると転職が不利になるということのようです。これについては山崎氏も確かに「傾向としては35歳程度までが転職に有利なのは間違いない」「同じスキルならより若いほうが価値が高い」「仕事ができる出来ないの評価は35歳くらいまでに固まっている」「30代前半で能力はピークに達する」ということを述べています。この理屈で行くと、私はいま38歳なので、転職するならもう決断しないといけないくらいの年齢だし、もう仕事の能力は完成していないといけないことになります。(とてもそんな自信はありませんが、そこは建築業界と金融業界の性質の違いもあるような気がします。建築の設計技術の習熟にはものずごく時間がかかるし、30代はまだ若手扱いです)

転職の基本は「猿の綱渡り」
転職をする時には「次の会社への入社を確実にしてから、現在の会社に退社の意向を伝える」ことが重要だといいます。やめてからの転職活動は空白期間が生じてしまう上、年収の交渉も不利になるので、やめたほうが良いようです。そして基本的に自分ひとり絵決断を下す。相談をするなら会社の同僚ではなく、別の会社の人に相談したほうが良い。

働くを楽しむための5か条
本書の最後には働くを楽しむための5か条が示されています。

第1条 価値観に反する仕事をしない

第2条 自分のお金にはこだわるが、他人のお金は気にしない

第3条 大きな声で誰にでも同じことを言え

第4条 会社を取引先、同僚をお客様と思う

第5条 「学ぶ楽しみ」「教える喜び」を感じる。

転職しようとしまいと、仕事をする人間として参考になる点の多い本です。

 

評価:★★★★(5段階評価)

 

一生、同じ会社で働きますか?

一生、同じ会社で働きますか?

 

 

 

 

 

 

「なぜ中国人は財布を持たないのか」中島恵

中国に詳しいフリージャーナリストの中島恵氏の新書です。

今年出張で見たシェアサイクルだらけの中国・厦門
先日仕事で中国の青島と厦門に行ってきました。どちらも行くたびに新しい住宅や超高層のオフィスビルが次々に建設されていて、中国経済の勢いを感じます。中でも特に今回印象的だったのは厦門の街を席巻するシェアサイクルの姿でした。ほんの2,3年前には全く見なかった光景が広がっている。その変化の内情をもう少し正確に知りたいと思って本書を手に取りました。

急激なスマホ決済の普及
仕事で行くと街中で自分のお金を使う機会が少ないので気づきませんでしたが、本書によると中国は現金の使用が日常生活でも激減し、スマホ決済が中心になってきているようです。そしてその変化は中国の偽札問題なども背景にあったといいます。インフラの遅れの問題もあった。それらの遅れがかえってスマホ決済への急激な移行を促したという側面があるようです。これまで遅れていた社会に、最新の技術やサービスが一足飛びに普及する「かえる跳び現象」です。

不信社会が生んだ芝麻信用というシステム
中国はこれまで「騙されたやつが悪い」という不信社会の側面がありました。中国のネット企業、アリババが提供する決済システム「アリペイ」そこでは人の信用度をビッグデータで評価していく「芝麻(ゴマ)信用」という格付けの仕組みがあるようです。例えばシェアサイクルをきちんと返さないだとか、交通違反をしていないかとか、そういう日ごろの行いが評価され、評価が低いとローンが借りにくくなったり、就職活動で不利になったり、婚活に影響したりする。画期的なシステムです。評価のためにマナーに気を付けるというのはちょっと現金な感じもしますが、中国の文化にはマッチしているということなのでしょう。

脱・ステレオタイプ化された中国人観
このほかにも中国の情報統制の実情や、爆買いのメンタリティーからより洗練されたセンスを手に入れつつある人々の様子、稲盛和夫の教えに涙を流す起業家の姿などなど、テレビで報道されるステレオタイプの中国人とは一味違った筆者が足で稼いだ中国のリアルが記されていて興味深いです。

「中国人=爆買い、マナーが悪い、偽物をすぐ作る」テレビはすぐそういう姿ばかり報道し、我々はそれを見てつい中国を理解した気になってしまいますが、実際にはあれだけの国民がいて、あれだけの国土の広がりがあって、経済レベルも様々ならメンタリティーも様々です。そこは一度先入観を取っ払って見る必要があるように思います。

日々変化する中国
実際、今年中国に行った際にも、運転手に時間がないから急いでくれと言っても、交通違反の取り締まりを恐れて高速道路の制限速度を決してオーバーしようとはしませんでした。日々中国も変化しています。

評価:★★★★(5段階評価)

 

 

 

「妊娠出産ホンマの話」荻田和秀

我が家に来年第一子が誕生する見込みなこともあり、手に取った本です。丁度ドラマでやっている「コウノドリ」のモデルにもなった大阪の産科医にしてジャズピアニストの荻田和秀さんの著書です。

第一章 父親になるって「自分、どないやねん?」

第二章 嫁ハンに山あり谷あり40週

第三章 ダンナも知るべし「お産のリスク」

第四章 「イクメン」ってなんやねん!?

産科医の専門知識を活かして妊娠出産とはどういいうものか、何に気を付ければよいのか、旦那はどうすればいいのか、そんなことは軽妙な語り口で書いてあります。

とにかく男としては必要最低限の知識を持って、奥さんとなるべく問題意識を共有して出産に臨まなきゃいけないなという気はしています。病院にはなるべく同行し、先日は自治体がやっているパパママ教室的なヤツにでておもりのついた服を着て妊婦体験をしたり、赤ちゃんの人形で風呂に入れる練習をしたりしてきました。

とにかく知らない新しい分野に臨む時は決まってその分野の本を手あたり次第読みます。そしてあとは実行あるのみ。でもそこが一番できそうでできないんですが。

 

評価:★★★★(五段階評価)

 

 

妊娠出産ホンマの話 嫁ハンの体とダンナの心得 (講談社+α文庫)

妊娠出産ホンマの話 嫁ハンの体とダンナの心得 (講談社+α文庫)

 

 

 

「横丁の引力」三浦展

横丁フィールドワークの成果

吉祥寺のハモニカ横丁新宿ゴールデン街等、東京に残る横丁のフィールドワークを通じて現代の都市と人々の指向をあぶりだした著作です。

ソフトとハードの両面から都市に迫る

三浦さんは都市をソフトとハードの両面から読み解く分析が魅力です。建築家や都市計画家の視点はどうしてもハードに偏る傾向があって、5年10年スパンくらいで移り変わっていく文化的トレンドと都市との関係までなかなか踏み込めません。

マッチョ的志向から非マッチョ的志向へ

三浦さんのほかの著作でも共通するのは人々がこれまでの物質的な豊かさを求めるマッチョな発想から、より非物質的な豊かさ、例えばコミュニティだとかすでにある古いものへの視点だとかそういうものにシフトしてきてるとの洞察です。ピカピカの超高層オフィスや湾岸のタワーマンション的な価値観に対しての「横丁」的価値観。

若い女性も横丁に集まる時代

これまでピカピカの世界観にあこがれると思われていた若い女性も今や「横丁」的価値観に共感するようになってきている。これからの都市を考えるうえでも「横丁」的価値観を再評価する必要がある。そういうスタンスです。

ハモニカ三鷹

最近、自宅の近くにある「ハモニカ三鷹」という施設がリニューアルしました。リニューアルの設計を託されたのは建築家の隈研吾さん。ハモニカ三鷹は吉祥寺のハモニカ横丁ハモニカキッチンなどを経営する経営者が三鷹でビルの1階を「横丁」的価値観で開発した飲食店です。外観は自転車のホイール(廃品)を大量にぶら下げたという斬新なもの。インテリアにも廃品がうまく活かされ、低コストであることを逆手に取った横丁的空間がうまく作られています。

隈さんのトークショーでも見かけた本書

そこで隈さんのトークショーが開かれたので見に行ってきたのですが、観客に交じって後ろのほうに三浦さんの姿が見えました。トークショー終了後、立食パーティーだったのですが、僕は隈さんよりもむしろ三浦さんと話したいくらいだったのですが、声をかけようか迷っているうちに三浦さんは足早に会場を後にされておりました。

ハモニカシリーズの理論的バックボーン?

それはいいとして、トークショーを行う隈さんの目の前に置かれたテーブルにはこの「横丁の引力」が置かれていました。この本の巻末では三浦さんと隈さんの対談がありますが、基本的に二人の都市感は共通するところがあり、結果的にこの本は隈さんの一連のハモニカシリーズの設計の理論的バックボーンになっているとも読めます。

横丁は設計できるか

横丁的魅力を建築家は人工的に作り出すことができるのか。シズル感のある空間を建築家は設計できるのか。そんな問題意識を掻き立てられる良書です。

 

評価:★★★★(五段階評価)

 

横丁の引力 (イースト新書)

横丁の引力 (イースト新書)

 

 

「銃・病原菌・鉄」ジャレド・ダイアモンド

「サピエンス全史」に続いて手に取った人類史だったが、、、

ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」がすごく面白かったので、今まで読まなかった人類の歴史みたいな本も面白いものだなと続いて手に取ったのがこの本でした。

文明がどう発達していったか、征服はどのように行われたのか、伝染病はどのように広がったのか、食料生産技術はどのように発達したのか、動物の家畜化はどのように起こったのか、興味深い内容の本です。名著だと思います。

ただ、「サピエンス全史」程の新鮮さが個人的に感じられず、上巻よ読んだものの下巻にまでは手が伸びていません。

読書はタイミング

でもベストセラーになった評価の高い本です。たまたま僕にとっては今読むタイミングではなかったのでしょう。読書は本当にタイミングだと思います。去年は手に取ろうとも思わなかった本にハマったり、あれほど夢中になった本が読み返すと陳腐に感じられたりすることもあります。

だから、書評なんて話半分に読め飛ばせばよくて、たまたまそこで自分のフックに引っかかったら読めばいいし、読んで面白くなければ途中でも読むのをやめればよいと思います。

評価:★★★(五段階評価)

 

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
 

 

 

「SUNNY1~6」松本大洋

大人になって久しぶりにハマった漫画

大人になってから、普段ほとんど漫画を読まなくなりました。子供のころは漫画家になることが夢で藤子不二雄の「まんが道」をバイブルにしながら本気で100ページくらいの漫画を描いていたのに。ところが、どうにも魅力的な画風に惹かれて久しぶりに夢中になった漫画がこの「SUNNY」です。

親と一緒に暮らせない星の子学園の子供たち

舞台は親のいない(もしくは親に捨てられた)子供たちを預かる「星の子学園」。そこで孤独と親のぬくもりへの郷愁に包まれながら生きていく様々なキャラクターの子供たちが描かれています。母親のにおいを思い出せるからとニベアを持ち歩いてにおいをかぐ子、車を盗んで親に会いに行こうとする子、星の子学園にいるとをコンプレックスに思う子、などなど。その視点はものすごく繊細で、優しく、せつない。

松本大洋さんの自伝的作品

調べてみるとこの物語は作者の松本大洋さんの自伝的要素を多分に含んでいるようです。でなければこんなリアリティではなかなか描けません。漫画でこんなに繊細な物語が描けるのかと驚きました。

唯一無二の魅力的な絵

そしてやはり魅力的な絵。スクリーントーンを使わず、ベタ塗までペンで手間をかけた味のあるタッチ。そして、どのコマをとっても驚くほど完成度の高い構図。色のセンスもものすごいので、カラーページも毎度見入ってしまいます。

さらにすごいのは松本大洋さんは作品によってそのタッチを変幻自在に変えられるところ。「ピンポン」と「竹光侍」は同じ作者とは思えないほどの画風の違いです。なのにそれぞれのタッチがどれもオリジナリティにあふれていて、かつ魅力的。どんな漫画家も作品を見ると誰のフォロワーなのかがなんとなく透けて見えますが、松本大洋さんはその先祖が見えない。本当にすごい人だと思います。

良い小説のような上質な読後感

読み終わったとき、上質な小説を読んだときに似た感覚になりました。

評価:★★★★★(五段階評価)

 

Sunny 第1集 (IKKI COMIX)

Sunny 第1集 (IKKI COMIX)