とあるリーマン建築家の書評ブログ

建築、デザイン、アート、ビジネスなどを中心に興味の赴くままに読んだ本を不定期でご紹介します。

「描クえもん」佐藤秀峰

本との偶然の出会いも本屋の魅力

普段行く本屋とは違う本屋さんに行くと、普段は通らないジャンルの棚の前を通って意外な本に出会うことがあります。久しぶりに下北沢のビレッジバンガードに行ったら、面白そうな漫画があり、4冊も衝動買いしてしまいました。

物言う漫画家、佐藤秀峰

海猿」「ブラックジャックによろしく」などの作品で知られる佐藤秀峰さんが漫画家のリアルを描いた作品です。佐藤さん本人もこれまで出版社などと色々と揉めたり、独自の漫画配信サービスを開始したりと、漫画家の契約にまつわる問題にはかなり敏感な方なのでそのあたりの描写には執念を感じます。

藤子不二雄へのオマージュ

漫画家としてデビューを目指す満賀描男の元にある日、未来の自分を名乗る太って禿げて飲んだくれの男が現れ、居候を始めます。眠る時には押し入れに入り、そのシルエットはドラえもんを彷彿とさせます。ドラえもんを下敷きにしつつ、徹底的にリアルな漫画家の現実を描くという面白い設定です。かつて藤子不二雄が自身の漫画家になるプロセスを描いた「まんが道」という傑作がありました。主人公は満賀道夫。今回の主人公の名前も明らかにそれを意識しています。

出版社に対する憎悪

そして描かれる漫画家の現実は壮絶です。編集者にゴミのように扱われる漫画家の現実。ブラック企業どころでは無い劣悪な労働環境。編集者の描き方なんて白目の極悪人です。相当な恨みを感じます(笑)

立場の弱いクリエイター

本当にアイデアを出し、物を作っているクリエイティブな人の立場というのは往々にして弱いものです。大きなシステムの中で作品を売りさばく人たちの方が立場が強い。多かれ少なかれ建築界にも似たところがあるので共感します。

子供の頃、本気で漫画家を目指していました。ならなくてよかったと改めて思いました。でも、この漫画、めちゃくちゃ面白いです。2巻が待ち遠しい。

 

評価:★★★★★(五段階評価)

 

Stand by me 描クえもん 1 (SPコミックス)

Stand by me 描クえもん 1 (SPコミックス)

 

 

「住宅」安藤忠雄

安藤忠雄が住宅について自作を通じて語った本です。安藤さんは巨匠建築家となった今もコンスタントに住宅の設計を続けているといいます。

割りに合わない住宅の設計

建築の設計料というのは総工費に対するパーセンテージで決まることが多いのですが、設計の手間は建築物の規模に必ずしも比例するわけではないので、住宅の設計というのはビジネスとして考えると決して割りの良いものではありません。そのため、若い頃は住宅を設計していても、巨匠になると大規模な建築物の設計が中心となり、あまり住宅の設計はしなくなります。

巨匠建築家で住宅の物件が突出して多いことで知られているのがフランクロイドライトですが、二川幸夫さん曰く、安藤さんはそれに次ぐ住宅の物件数の多さではないかと。

住まうとは何か

ではさぞかし安藤さんの建築は高気密高断熱で機能的なのかというと、いわゆる狭義の「住みごごち」で言えば大手ハウスメーカーの住宅に軍配があがるかもしれません。有名な住吉の長屋は中庭を経由しないと隣の部屋に行けません。そこでは建築と自然の関係のあり方そのものの問い直す試みがなされています。ハウスメーカーの住宅と住吉の長屋でどちらが季節を感じられるか。また、極小の敷地の中で絶えず中庭を借景として取り込めるプランは見方を変えれば住戸の周りにチンケな庭を取り、それらがそれぞれの部屋からしか見えない通常の住宅よりも効率的かもしれません。

そんな問いかけが潜んでいることも安藤建築の魅力の1つです。

打放しコンクリート

安藤建築のわかりやすい特徴は何と言ってもコンクリート打放しです。石やタイルや壁紙などを張らず、構造体であるコンクリートが内部にも室内にも露出している作り方です。素材が徹底的に少ないので、ディテールがシンプルになり、幾何学の構成がより明確に表現されるのが特徴です。海外ではこの削ぎ落としていく美学が日本的であるとも評されます。

私の打放し体験

私も2件ほど打放しのマンションに住んだことがありますが、冬は壁づたいにコールドドラフトと呼ばれる冷気が降りてきます。ベッドを壁際に置いて寝ていると、コールドドラフトを体感できます。はっきり言って寒い。でも、今まで住んだ賃貸住宅の中で特に気に入っているのがこの打放しの2件でした。打放しなら何でもOKでは無いですが、ある意志を持ってデザインされていて、それで得られるものが大きければその魅力が欠点を補って有り余るということかもしれません。

国立新美術館では安藤忠雄展が始まりました。ぜひ見に行こうと思っています。

 

評価:★★★★(5段階評価)

 

安藤忠雄 住宅

安藤忠雄 住宅

 

 

「書庫を建てる」松原隆一郎 堀部安嗣

社会経済学者の松原隆一郎さんが建築家の堀部安嗣さんに書庫の設計を依頼し、完成するまでの経緯をまとめた共著です。

ヒューマンスケールの建築を丁寧に丁寧に

堀部安嗣さんはTOTOのギャラリー間で開催された個展を見て以来、興味を持っている建築家です。堀部さんの作品は決して奇をてらわず、住宅を中心とした比較的ミューマンなスケールの建築を丁寧に丁寧に設計していくタイプの建築家です。日本の建築界でいうと吉村順三、中村好文といった建築家もこの系譜に当たるかもしれません。

書架の設計依頼

松原さんは書庫に松原家の仏壇を設置するという機能を併せ持つよう書庫の設計を、すでに自宅の設計を依頼したことのある堀部さんに依頼します。敷地探しから始まるこの作業が竣工を迎えるまでの堀部さんの真摯な格闘には感心します。たどり着いた案はコンクリートの塊を円筒形にくり抜いて作ったような書庫。ドームの頂点に穿たれたトップライトから注ぐ光には崇高さも感じます。

ディテールまで丁寧に

階段の手すり、踏板のディテールまで丁寧に検討し、職人ともやりとりしながら凄い精度で作っていく。私は日頃何万平米、何十万平米という巨大なビルの設計にかかわることが多いので、そういう設計の時間のかけ方がなかなか叶わないこともあり、憧れを感じます。(能力の問題かもしれませんが)

近所の堀部建築

実は私の自宅の近所にも堀部さんが設計された住宅があります。どこかルイス・カーンの住宅のような佇まいのその住宅には緑道の緑を生け捕りにするような大開口が巧妙に設けられ、駐車スペースには古いサーブが停まっていて、それだけで街並みのグレードが1ランク上がるような建築です。

丁寧に、実直に仕事をすることの大切さを感じる、そんな本でした。

 

評価:★★★★(5段階評価)

 

 

 

「東大から刑務所へ」堀江貴文 井川意高

ホリエモン大王製紙前会長の井川意高が、東大や刑務所での体験について語り合った本です。井川氏は大王製紙の会長時代、子会社から借りた総額106億円をカジノで使うために借りて会社法違反で逮捕されたと言うツワモノ。

どちらも東大卒でありながら、品行方正なエリートではなく、強力な頭脳を持ったアウトローという感じです。

通常、刑務所に入る人というのは本を出版できるような有名人であったりインテリであったりというケースが比較的少ないので、その内情を詳しく知ることはあまりありません。この本ではその内情がつぶさに語られます。

六本木で豪遊する日々から刑務所暮らしへのギャップ。ガザ入れの様子。刑務所の食事。他の受刑者のイジメや人間模様。接見の時の嬉しい差し入れ。刑務所での読書。などなど。なかなか興味深い内容です。

評価:★★★(五段階評価)

 

東大から刑務所へ (幻冬舎新書)

東大から刑務所へ (幻冬舎新書)

 

 

「俺たちの明日」エレファントカシマシ

ロッキングオンエレファントカシマシのボーカル宮本浩次のに行なったインタビューを1997年のものから2017年までまとめた上下巻です。

実は自分でも趣味でバンドらしきものをやっていて、ここ最近曲を作っていることもあり、頭のモードをミュージシャンモードにしてテンションを上げたい気もあり本書を手に取りました。エレファントカシマシは結構好きで昔から聴いていて、ライブを観に行ったこともあります。全力投球のパフォーマンスは圧倒的で、「あ、この人は本気だな」というピュアさに打たれます。

このインタビュー集を通しで読んでいても、一貫しているのはミヤジのピュアさ。本当に心から真剣に音楽に向き合っているのがわかります。「音楽気向き合っている自分てどうよ」みたいな、妙な下品さがありません。

90年代はまだ若く、話も正直とっちらかった印象ですがとにかく熱意がすごい。200年代に入ると、それがだんだんと円熟味を増したインタビューになり、2010年以降は特に音楽をチームで作っていくという意識に変わっていくことが見て取れます。耳を痛めたり、体力的なこともあり、自分の限界にも向き合いつつ闘うというか。

エレファントカシマシファン必携の本だと思います。

 

評価:★★★★(5段階評価)

 

俺たちの明日 上巻―エレファントカシマシの軌跡

俺たちの明日 上巻―エレファントカシマシの軌跡

 
俺たちの明日 下巻―エレファントカシマシの軌跡

俺たちの明日 下巻―エレファントカシマシの軌跡

 

 

 

 

「人生100年時代のお金の不安がなくなる話」竹中平蔵 出口治明

言わずと知れた竹中平蔵さんと出口治明さんが人生100年時代の生き方や経済について語り合う対談本です。

第1章は、まず、世界の変化に関する現状認識からスタートします。フィンテックの発達、現金から電子決済に日常の会計も移行しつつある世界のトレンドに乗り遅れつつある日本、グローバリズムとその反動してのブレグジットやトランプ現象、などなど。

第2章は超高齢化社会の老後のお金について。年金問題よりも深刻なのは医療費の問題だと言います。爆発的な勢いで膨らむ医療費。今のままの制度は早晩破綻が見えており、負担を増やすか、給付を減らすかの決断を迫られつつあります。二人の主張は年寄りを優遇しすぎる年齢差別、エイジ・ディスクリミネーションを無くし、年齢を問わず一律負担にすることで超高齢化社会を乗り越えてはどうかと提案されています。また、個人のレベルではお金の心配をする前に「何をしたいか」を考えて生きることが、年を取ってからも充実した人生を送れるかどうかを左右すると言っています。

第3章は人生100年時代の働き方がテーマ。AIで奪われる仕事もあるが、新たに生まれる仕事もあるし、とにかく積極的にやりたいことを年齢に関係なくやるのが大事、というような内容です。読んでいると歳を取っても心身共に若く、柔軟で、元気でいることが今まで以上に大事だなと思わされます。

第4章はこれからの時代に活躍できる人の条件がテーマ。個性第一、脱協調性、そして自分の頭で考える力が重要との主張です。そしてそれはベンチャーを起こして成功する人に共通する資質でもあるそうです。

第5章は今後の日本経済について語ります。オリンピックの締め切り効果をうまく生かして構造改革をすべし、眠っている資産を活かすべし、移民を受け入れる制度を整備して人口減少に対応すべし、そんな事が提案されています。ネットなんかを見ていると日本にはまだまだ移民に対するアレルギーがあるようですが、個人的にはどんどん移民を入れるべきだと思います。すぐに治安が悪化すると言う人がいますが、ちょっと外国人をバカにしすぎている気がします。きちんとした審査を経て、能力のある人を受け入れれば、きっと日本経済にとってもプラスになると思います。トラブルは起きるだろうけど、文化的違いを乗り越えて共存してこそ、本当のグローバル化と言える気がします。

第6章は日本を変えるために必要なこととして道州制を訴えています。これについてはもう少し詳しく内容を知りたい気もしますが、人口が急激に減っていく中で部分最適ではなく、全体最適を求めて都市を縮小していくには確かに道州制を導入するなどしてより広域的な視点から資金を分配していく必要があるのはわかる気がします。

超クレバーな人同士の井戸端会議を覗き見しているような感覚になれる一冊です。

 

評価:★★★(五段階評価)

 

 

「GA JAPAN 148 特集 小嶋一浩の手がかり」

デザインオリエンテッドな建築雑誌

日本の建築雑誌の中でも写真を中心とした紙面づくりでデザインを語るスタンスなのがこのGA JAPANです。写真家二川幸夫さんが創刊し、今は息子の二川由夫さんが後を継いでいます。

学生時代には建築雑誌をしょっちゅう買っていましたが、今では事務所に置いてある雑誌をパラパラとめくる程度で、あまり熱心に読まなくなってしまいましたが、今回、久しぶりにこの雑誌を買ったのは小嶋一浩さんの特集が組まれていたからです。

小嶋さんとの不思議な縁

建築ユニット、シーラカンスのフロントマンでもあった小嶋さんが亡くなられて一年。結局直接お目にかかる機会はありませんでした。学生時代、同じくシーラカンスの工藤和美さんが博多小学校を設計されていた頃、現場事務所で模型づくりを手伝っていたことがあります。また、当時九州で学生をしていた私ですが、大学院は東京に出たいと思っていたこともあり、興味のある東京の大学の研究室を見てまわっていました。その中の1つが当時東京理科大にあった小嶋研究室でした。私はウニの瓶詰めをお土産に持って、研究室を訪ねましたが、小嶋先生は不在で、研究室の方に小嶋さんに渡してもらうようにお願いしましたが、その後どうなったか分かりません。

就職すると、上司が原研究室時代の小嶋さんの同級生でした。原さんや小嶋さんの話を聞いてワクワクしたのを思い出します。そんなわけで小嶋さんは個人的にもずっと気になる存在でした。

モダニズムを信じている建築家

小嶋さんの建築の魅力は何と言っても作家性という名のブラックボックスに隠蔽されないそのロジカルな方法論です。スペースブロック、白と黒、アクティビティ、等、得意の学校建築を中心に理論がきっちりと実践にまで透徹されていて明快でした。それは設計をする上でも、すでに実現している世の中の数多の建築を読み解く上でも有効なロジックたちであったと思います。作家性はなかなか共有できませんが、ロジックは他の建築家と共有することができます。そう考えると小嶋さんが建築界に残した功績はすごく大きいと読んでいて改めて思いました。ひょっとしたらこれからシーラカンスの出身者ですごい建築家が出てくるかもしれません。

小嶋さんの尾崎豊的エピソード

師匠である原広司さんへのインタビューも面白いです。特に学生時代の小嶋さんがブチ切れして尾崎豊ばりに校舎の窓ガラスを割ってまわったエピソードなんかも。

もっと次回作を観たかった建築家です。

 

評価:★★★★(五段階評価)

 

 

GA JAPAN 148

GA JAPAN 148